2013年05月24日 (金) | Edit |
今日は職場の連中が恒例のジョギングをして、
なおかつ恒例の乾杯をしたんですけど、
私は忙しくて参加できず…仕事終わったんが1時過ぎでしたわ。
キツ~。

いい夫婦 今じゃどうでも  いい夫婦

…あ、いえ、ワシのとこの話とちゃうで。
言っときますけど関係良好でっせ。
#どすこ~い、どすこ~い。

…って思ってるんはワシだけやろか???
#どんま~い、どんま~い。

いえね、サラリーマン川柳の第一位が↑のらしいですな。
それで思い出した日付が「11月22日」
…そうですな、「良い夫婦(=11/22)の日」ですな。

そやけど、私、11月22日て聞いても





福知山マラソンの前日やな

としか思わんようになってきたんですけど、
コレって一体どうなんでしょ?

…ってな訳で、「その7」をどうぞ。
#うん、エエ流れやヽ(´ー`)ノ

##### 2011年福知山マラソン・その7 ###############

30km手前から何となく下半身が重くなってきた。
フルマラソンではよく「30kmの壁」と言われるけど、
私も今からそれを体験するんでっしゃろか?
・・・ってな訳で、「その7」ですわ。

 30~31km ⇒ 9'02" ←給食所でバナナ1本 & ストレッチ(2分程度)
 31~32km ⇒ 6'39"
 32~33km ⇒ 6'42"
 33~34km ⇒ 6'59"
 34~35km ⇒ 6'58"


走る前から予定してた通り、
30km地点を過ぎたら後半に備えて一回ストレッチですわ。
#残り12kmですなぁ
#・・・佐鳴湖2周分か ← ローカル過ぎて分からんやろ(笑)。

この区間、タイム的にはペースをキープしてるんですけど、
足腰の疲労がピークでしてん。
ありがちな膝頭の痛みはないんですけど、
膝裏、裏腿、股関節がくたびれてますわ。
おまけに足裏あたりの骨が痛くなってきて、
「30kmの壁」という言葉を連想してしまいましてん。
#周りも歩く人が増えてきたし・・・。

コースには1kmおきに距離表示があるんですけど、
このあたりから、その1km間が長く感じ始めましたわ。
「さっきの表示から、もう3分は走ったやろ」と時計を見ても、
実際には1分も経ってなかったりでゲンナリ・・・。

いよいよ下半身が自分のモンでないような気がしてきた。
・・・って、いえいえ、
自分のモンではない下半身が勝手に走ってるんやったら、
こんな楽なことはないんですけど、
そやのうて、血の巡りが悪うなってる感じですわ。

 35~36km ⇒ 9'30" ← ←給食所でバナナ1本 & ストレッチ(2分程度)

アカン、もう一回ストレッチや・・・堪忍してやぁ~。
ストレッチ後に楽になるかと思いきや、余計に身体が重く感じる。
それでも我が身に鞭打ち走るしかあるまい・・・ピシー、ピシー。
ここでもバナナですわ。給水所では相変わらずアミノバイタル。
・・・あんまり欲しくもなくなってきたけど、
水分補給という行為をすることで
走るつらさを忘れようとしてましてん。

 36~37km ⇒ 7'06"
 37~38km ⇒ 7'01"
 38~39km ⇒ 6'52"


沿道の応援はどこまでも続きますねん。
このあたりでよく見かけたんは、
地元中高生の部活やら少年野球による団体応援ですわ。
10人くらいで人垣を作って、ランナーとハイタッチしてますわ。
最初は照れくさくて通り過ぎてたんですけど、
「箸が転がっても可笑しい年頃」の
女子ソフトボール部(?)っぽい子達が、
アイドルのコンサートの如く
「わぁぁぁー!きゃぁぁー!!!」と言ってたんで
調子に乗ってハイタッチ。
一回やったら気分が乗ってきて、人垣を見るたびにハイタッチですわ。
いえね、沿道の応援て、かなり重要でっせ・・・。
これが力になって、足を前に進ませますねん。

 39~40km ⇒ 9'11" ストレッチ(2分程度)
 40~41km ⇒ 6'53"


あ、あ、アカン・・・もう一回ストレッチさせてんか・・・。
後は気合いだけで走ろう・・・。
このあたりでは、4歩毎に掛け声というか、
奇声を発しながら走ってましたわ。
歩いてる人を追い抜くとき、奇声に振り向かれてしまうんですけど、
そんなモン気にしてられまへん。
自分を奮い立たせんと、もう走ってられまへん・・・。

 41~42km ⇒ 6'55"
 42~42.195km ⇒ 1'09"


このコースは、最後の1km少々が坂道になってますねん。
#「何のイジメですか」と思いますわ・・・いや、マジで。
会場に近づいてきて、応援の人垣が増えてくるんですけど、
それに応える余裕もなく相変わらず掛け声(奇声)で走りますねん。
#相方もどこかに居るんやろうけど、
#それを確認する程の余裕もありませんわ。

汗なんか涙なんか、どっちの所為かよう分からんけど目が滲む・・・。
でも、ゴールはすぐそこやんか・・・。

・・・・・・そして、号砲がなってから約5時間後、
人垣と歓声の中、ゴールゲートをくぐる。
「あぁ、これでもう歩いてもエエんや・・・」

完走後は、決められた経路にしたがって記録証、
そして「完走者Tシャツ」(誇)を受け取りに行きますねん。
混雑を緩和するために長めに設定されたその道を歩いてるとき、
涙がこぼれてきた。
「やろうと決めて、そこに向かって努力して、いま達成した」
・・・と、そのことに感動してたんかな?
いえいえ、そんな難しいことは考えてなかったな。
ただただ、何か泣けてきた。

感動の(?)フィナーレ。福知山マラソンシリーズの完結
・・・・・・と思いきや、
走り終わった後~打ち上げ(?)のことも書きたくなってきた。
#え~、まだ書くのん?
・・・もうちょっと付き合ってもらいまっせ。へっへっへっ(笑)。

#########################

早く寝んかい!…はいぃ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可