2016年09月27日 (火) | Edit |
もす!

ワシの100km遍歴。
勝手に一人で走ったのは別としてレースでは1勝2敗…。

「勝ち越しを目指します!」

…なんて言おうモンなら、あと2回参戦せんとアカンから、
言うならせめて

「引き分けを目指します!」

…か。

発言は慎重に(笑)。

そんなハマーいしきちです。

…って、芸風パクるんはこのくらいにして(爆)、
丹後ネタ最終回でおま。

*****

微かに頑張ってる感はあるものの
弥栄庁舎まではプラン通り。
そこから碇高原の関門が気に掛かって、
峠への道を余分にペースを上げてはハァハァ。
碇高原にヤリすぎの5分早着。
早着分・予定と合わせて10分休憩して定刻出発

…ってとこからの続きでおま。

【碇高原管理事務所(71.8km)~丹後庁舎(84.9km)】
2016092701.jpg
色々あったようでいて、たった13kmの出来事やったんか…。


激しい雨。
碇高原のエイドでゴミ袋ポンチョを着込む。
肩のところを切り過ぎて、
たまにずり落ちてくるけど無いよりマシ。
身体が冷えるとレース終盤で堪えるやろ…ってな具合に、
この時点ではまだゴール出来ると思ってましてん。

第4関門(丹後庁舎)を
「16時25分 - 16時20分」で制限5分前に通過するプラン。
また例によって、
「16時25分00秒 - 16時20分59秒」ってこともあり得るんで、
「時間制限まで約4分のマージン」って認識でしてん。
ここから丹後庁舎までの設定ペースは(完走した)一昨年とほぼ同じ。
言うてもしばらく下りな訳で、一昨年と同様そこそこ稼げるやろ。


【碇高原管理事務所~縦貫林道左待避所:4.3km・予定ペース7'15/km】

…そんな楽観は走りだしてすぐに砕かれましてん。
太腿が悲鳴を上げ、足底は故障寸前の嫌な感じ。
加えて、左足親指の骨が外れかけてるかのような違和感。
骨に衝撃がビンビンくる…。

「何や? コレは…」

脚が逝く寸前で抑える感じでダウンヒル。
縦貫林道左待避所(76.1km)着。
一昨年、ここは確か、エイドのおばちゃんが
全身で「ぐわぁ~(プルプル)」と応援してくれたところや。
今年はそんなこともない
…というか、世界が灰色に見えてる記憶のみ。
(測定忘れで)休憩時間が不明なものの、
ようやく走りだせる気になったのはプランから2分遅れ。
これで時間制限までのマージンは2分程度…。

「まだ何とかなる…もし復活すれば」

復活するかどうかは知らん
…いや、そんなモン走ってみんと分かる訳ない。

「ウルトラには復活があるから」

復活がないと困るっちゅうねん!


【縦貫林道左待避所~R178旧道入口:3.3km・予定ペース7'30/km】

この区間。
リタイアした人を乗せたバスが時々追い越していく。
それぞれに事情があったんやろ…。
関門に掛かった仲間はたくさん居ると思われる。
誰か知ってる人が車窓からこっちを見てないやろか?

…そんなことを思いながら、
碇高原を下りきって国道178号へ。
ここからはヤラしい感じのアップダウンがありますな。
もちろん前回の記憶が残ってて覚悟は出来てたんですけど、
いざ走ってみると、余裕を持って設定したはずのペースから
ズルズルズルズルと後退。

「この動かん脚をどうにかして!」

それでも丹後庁舎への到着時間を読みつつ、
何とか踏みとどまって、
R178旧道入口エイド(79.4km)エイドに3分遅着。
まるでスピード練習したときみたいに肩で息をする。
雨に打たれながら地べたに座って脚を揉んでたら、
エイドのボランティアの人が
「そんなとこで気の毒に…こっち(テントの下)に!」って
言ってくれはったんですけど、そんな時間さえ惜しい状況。
被り水を脚にドバドバ掛けてから、プランに遅れること2分で出発。
一歩ごとにシューズがグチュグチュ鳴っている。


【R178旧道入口~筆石バス停:3.3km・予定ペース8'00/km】

出発の時点で時間制限までのマージン2分。
次の丹後庁舎の関門まで5.5km。
普通に考えたら根性だけでどうにかなりそうな距離。
でも、腰まで泥濘に埋まったみたいに脚が動かない。

「コレ、誰の脚???」

上り坂は果てしなく続くように見える。絶望の壁。
それでも半泣きになりながら前進。

「前進の他に何が出来るっちゅうねん! アホか(゚Д゚)ゴルァ!!」

手負いの獣のごとく丹後路を進みますねん。


【筆石バス停~丹後庁舎:2.2km・予定ペース7'30/km】

筆石バス停には5分遅着…これでマージンがマイナス1分。
脚を休ませようにもそんな時間は無し。
2.2kmを約15分で進むべきなのは分かった。

「7'30/kmから零れんように進んで、
 残り数百メートルで根性ダッシュ」

…コレが出来んと今年の丹後は終わる。

しっかし、"7'30/km"なんて数字…
碇の関門を出発してから一回も見てない。
でも、それをヤらんと今年の丹後は終わる。

「何してんねん! 動けや、この脚!!!」

Garminに表示されたラップ平均ペースが、
7'30/kmどころかキロ8分、キロ9分とズルズル後退。

「お前、丹後まで一体何しに来てん!?」
「走りに来たんやろ? ほんなら速よ走れや!!!」

いつの間にやら移動収容車が近くに停車。

「大丈夫ですか(乗りますか)?」
「いえ、(自分で)行きますから」

この時点でランナーは疎らやったんですけど、
ときたま鬼の形相で抜いていくランナーあり。
関門突破を諦めてないことを背中で語ってる。

いや。ワシかて諦めてない。諦めてないけど…。


関門まで残り1.5km程度やったか、
ひと呼吸整えるために歩きを入れたとき、
何かの「スイッチ」が切れる感じがしましてん。
再びそこから走りだすことはなかった…。

「頭(こうべ)垂れてますよ」

と声を掛けてくれたハマーさんに抜かされたのは
そのしばらく後やったか…。

い:「(ハマーさんは関門突破)イケますか?」
ハ:「いや…無理やと思います」

そうは言いながら力強く走っていく彼の背中が
みるみる遠ざかっていく。
ファイティングポーズを崩さない彼の背中に嫉妬しながら、
丹後路を落武者のように彷徨う自分。

時間にして数分のハズなんですけど、
とてつもなく長く感じられた時間の後、
関門まで残り約1kmの地点に差し掛かったときに、
ついに制限時刻の16:25を迎えた。


……
………

ときどき移動収容車が横を通過していく。
普通ならさっさと収容した方が早く片付くはず。
でも、この段階で走ってるランナーは

「残り1km切ってるんやから這ってでも行く」

…って言うに決まってる。自分だってそう。
そういうランナーの習性を知ってか知らずか、
移動収容車は停車することなく側方を通過。

要所要所では、制限時間が過ぎたにも関わらず
ボランティアの交通整理員さんが立っている。

「ファイトです!」

「頑張ってください!」

もちろん彼らも制限時間を過ぎてることは百も承知。
でも、掛けるとしたらそんな言葉しかなかったんやろう…。

「ここまで来たのに…残念やったな。でも分かるよ」

と言葉を掛けてくれたボランティアさんも居た。

視線の先に見覚えのある丹後庁舎の建物。

「あと数百メートル…お疲れさん」

とにかく、何回も「ありがとう」と言いながら
この1km程度の区間を過ごしましてん。

そして…。
スタートしてから12時間10分。
84.9km地点、丹後庁舎で今年の丹後は終わった。

2016091801.jpg
16時40分(制限時間を約15分超)

ふらついて手振れしたのと、
おそらくレンズに水滴がついてたか曇ってたか、
全くの偶然なんですけど、
そのときの気分を見事に反映した写真になってますわ。


*****

何がアカンかったかは、一人で大人しく考えときます。

大会運営に関わってくれた人達や、
一緒に走ってくれた仲間、
応援してくれた仲間・見知らぬ人達に感謝して
丹後のレポートを終わります。


9/24(土)の走行距離: 10.3km
9/26(月)の走行距離: 10.2km
9月の走行距離: 234.1km


今年の夏も終わったナァ…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村








スポンサーサイト
テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
ちょっと泣けてきました(T_T)
もす!

お疲れ様でした♪
ラスト1キロで関門閉鎖まで後4分でした
キロ4切って走ったら間に合った計算ですわ
無理か・・・

そんなハマーです。

また来年宜しくお願いします♪
2016/09/27(Tue) 20:19 | URL  | ハマー #-[ 編集]
ええ写真や~~~

お疲れ様でした!
2016/09/27(Tue) 22:12 | URL  | ちょーみん #5lDNG.oQ[ 編集]
お疲れ様でした
碇の下りから、そんなツケがやってきたんですね…

旧道入口~丹後庁舎、私はずるずる8分~8分半くらいかかりました。
その状態で7分半…
想像しただけで、脚がもげそうです。
壮絶な戦いでしたね。

でもそのあと富山でジョギングなさってることを考えると、回復基調なのでしょうか?

夏は去れど秋はこれから

またがんばりましょうね。
(私も玉砕しました、来年リベンジします)
2016/09/28(Wed) 09:06 | URL  | 海水 #-[ 編集]
うん……あかんかったねー……
自分のリタイアが甘かったことを思い知ったレポですよ。
来年、逝きますか。
2016/09/28(Wed) 15:10 | URL  | らぴ #-[ 編集]
ハマーさん:

丹後庁舎に突き進んでいく背中が印象に残ってますわ。

ラスト1kmで残り4分ですか…
リレーマラソンとかならともかく、あそこでは絶望的な状況ですね。

来年出ることになれば(笑)よろしくお願いします。
2016/09/28(Wed) 22:11 | URL  | いしきち #8lEN.t8E[ 編集]
ちょーみんさん:

応援ありがとうございます。
エエ写真でしょ? 全くの偶然なんですけどね。

ちなみに撮った後、ボランティアの人に
「撮りましょか?」て言われました。
完走ならともかくDNSやったんで、
「時計の前でVサイン」みたいな気分にならずに辞退しました(苦笑)。
2016/09/28(Wed) 22:15 | URL  | いしきち #8lEN.t8E[ 編集]
海水さん:

村岡お疲れさまでした。
村岡は私にはまだ早いということがよく分かりました(苦笑)。

丹後では故障寸前みたい感じではあっても
実際故障ではなかったようです。
2日空けたらキロ7.5程度なら走れました。
「トレーニングの成果」=「85kmで故障せんかった」
ってことにしときましょか…。

来年どうするか分かりませんけど、
出るなら一生懸命トレーニングしますわ。
2016/09/28(Wed) 22:21 | URL  | いしきち #8lEN.t8E[ 編集]
らぴさん:

多少大げさに書いてるところがあるかも知れませんケド(苦笑)、
最後辺りでは徐々に崩壊していく事態に
切ない気持ちになってましたわ。

来年かどうかはともかく、
もう1勝は獲っておきたいところです。
2016/09/28(Wed) 22:25 | URL  | いしきち #8lEN.t8E[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可