2014年09月23日 (火) | Edit |
今日は久美浜臨海学校跡地(29.8km)から弥栄庁舎(55.7km)まで。

2014092201.jpg
この区間も、各エイド到着時刻はほぼゴールデンプラン通り。
全エイドで休んで「食べる・飲む・揉む・掛ける」でしてん。


【久美浜臨海学校跡地~浅茂川漁港(44.3km)】

臨海学校跡地のエイドを出たら、
しばらくは膝に堪えない程度の下り坂。
その後は大したアップダウンがありませんねん。
フツーに走ったりチョッと力を抜いたりで、
キロ7分の設定に合わせる。温存やで! 無理しない無理しない。

この辺りで農家による私設エイドがあって、
梨を食べさせてもらいましてん。ありがたいことです。
梨って、さっぱりした水気がロング走に適してますな。

去年はこの区間で右脚に異変を感じ始めましてん。
今年はそんなこともなく、気持ちよく走れましたわ。
何て言うんかな?
「上手くいくときのお一人様ロング走」みたいな感覚でしてん。
「短い距離しか走ってないのにゴールのイメージが湧く」みたいな。
何故かこの時点で早くも完走を確信してしまいましてん。

…これはきっと妄想や。
# 実際、碇高原以降で妄想は打ち砕かれてましてん。
でも、そんなふうに信じながら走ることで、
きっと心身にエエ影響を及ぼしたんとちゃうかな???

気持ち良く走るうちに浜詰駐車場エイド(34.8km)に到着。
エイドでのルーチンを実施してると、
次の区間に立ち向かう気力が湧いてくる

…もらった! 今日はもらった!!! クックック…

ニタニタ走ってると、温泉街で「ぐわTサン!!!」
# 毎度ボーっとしててすんませんナァ。
tenkoさんでしてん。
元気に「浅茂川で待ってま~す!」と仰った。
あ~、峠の反対側を通って先回りするってことか
こりゃ応援する方も大変やで…。

「ありがとうございます!」

そして復路の七竜峠ですわ。ここでもこんなモンを…

2014092202.jpg
相変わらず細かいな~。座右の銘はズバリ予定調和(違)

…ちなみにコレ。作ってみたら分かるんですけど、
往路のを逆にするだけでは出来ませんからな。
それから往路Ver.とフォーマットがビミョーに違いますねん。
そこにもチョッとした工夫があるんやで!


あ、さてー。

七竜峠を慎重に攻略して、
七竜峠展望台エイド(39.1km)に着いたのはほぼ予定通り。
もちろんキッチリ休みますねん。かぶり水で頭を洗ってスッキリ。

そしてお待たせしました!
ここで本日初の股間注水を実施ダ!
股間から迸る滴(しずく)は歓喜の汗。
足元に零れ落ち、陽に射られ丹後路の露と消えた(゚Д゚)ゴルァ!!

…いえね、そんなに暑くはなかったんですけど、
気分の問題ですから。

ちなみに股間注水のコツ。
無造作に柄杓の水をタイツの中に突っ込むと、シューズが濡れて足裏にマメ
…ってな厄介な事態になるんで、そこだけ注意な!
こう…コマネチをするときみたいに脚を開いて腰を落として、
タイツを前に引っ張ったら、
茶の湯の達人のごとく落ち着き払って水を注ぐのがコツですわ。

…うん。実にためになる記事やナァヽ(´ー`)ノ

エイドを出て、七竜峠の後半を攻略
この辺りではペースコントロールの感覚がだいぶ掴めてきて、
かなり精神的な余裕がありましてん。
そこで本日、スタートして初めて撮った写真。

2014092203.jpg
日本海

この時点でも完走を確信してましたな
…まだフルの距離も踏んでないのに。

そして浅茂川漁港エイド(44.3km)へ。
予告通り(?)横断幕を発見!

2014092204.jpg
何故か正方形…
コレが噂の! これ作るん大変やで…。元気でました。
こんな見ず知らずのオッサンのためにありがとうございます。

浅茂川は、言うたら「大エイド」ですな。
ボランティアの男子中学生(?)がコーラを配ってくれましてん。
ロング走の途中のコーラって美味いんな
…思わずお替りしてもうたがな!
次いで、このエイドで特別に提供されるうどん。
身体が求めてる感じやったんで、思わずお替りしてもうたがな!
…バナナ・甘納豆・あんぱん・ようかん等の甘いモンが続くなか、
うどんの「炭水化物感」と出汁の味に心寄せてると
「普段のお一人様ロング走」をしてるときのような感覚になりましてん。
「平常心」とでも言うんやろか?
脚を揉んだ後はやっぱり股間注水でおま。これも平常心ヽ(´ー`)ノ


【浅茂川漁港~弥栄庁舎(55.7km)】

浅茂川のエイドを出発。
去年はこの辺りで腸脛靭帯の痛みがモロに出て、絶望的な気持ちで
「歩く・走る・またすぐ歩く」を繰り返してたんですけど、
今年はそんなこともなく普通に走れる喜びがありましてん。エエで!
この辺りは網野の市街地。
応援の人も多く、機嫌よく手を振りながら走ってましてん。

旧JA京都島津エイド(47.8km)では軽く休憩。
去年は、関門までの距離・時間と脚の調子を天秤に掛けて悲観し、
周りの景色が灰色に見えながらも、前に進むしかなかったですわ。

…そう、つまり、この辺りでは去年の事ばかり思い出してましたわ。

エイドを出たら、旧街道っぽい道。
細い路側帯に身体を押し込んで走るような感じになってきましたわ。
そんな区間を過ぎ、50kmの計測マットは元気な脚で踏みましてん。
そして、走った人が口を揃える(?)「余計な坂」にやってきた!

2014092205.jpg
たーはるパパさんpresents
あじわいの郷へのアプローチ。この坂、余計やろ~!?

「『あじわい』て…余計なモンを味わわせるなっちゅうねん!」
と毒づきながら、迷いなく歩きを選択
…と、そこに見覚えのある黄色いシャツが目に飛び込んできた。
たーはるパパさん井出さんですわ。
ハイタッチしたら「まだ間に合いますよ!」と仰る
…って、いえね。自分としては、ゴールデンプランを踏襲できてたんで
そんなに焦りはなかったんですけど、
コースをよく知る二人にそんなことを言われたら、
「アレ? 実はギリギリな感じ???」と、自信が一瞬揺るぎましてん。

けどまぁ、ここで無理して脚が逝ったら元も子もないんで、
プランを信じることにして、あじわいの郷エイド(51.5km)に悠然とイン。
ボランティアの女子中学生が「また『ぐわぁ』や!」と、
キャイキャイ笑ってましたわ。
そやろ? このケッタイな(笑)シャツ着たオッサンが
何人も走っていったやろ~?

このエイドでは被り水のバケツに大っきい氷が入ってましてん。うはー。
頭を洗ってスッキリしまひょ。よう冷えた水は気持ちエエですな。
…となると、当然アレも実行ですわ。
ボランティアから見えるところに移動して、作法に則り心静かに…
ンハッ、ンハッ! 気持ちエエ!!!
股間がリフレッシュDA-YO↑↑↑

ボランティアの女子中学生たちへ…
君達が大きくなる過程にはたくさん困難が待っていて、
その時々に持てる道具を取り出して乗り越えていくことになる。
日々、学校で勉強したり部活でしんどい練習するのは、
その道具を一つひとつ増やすためだ。
タイツのなかに冷水を注ぐのはオジサンなりの道具だ。
水に滲むランパンからオジサンの生き様から
何か学んでくれたろうか?

…と、おセンチな気分になってしまいましたな(ホンマか?)。

一つ言えるのは




…こんな大人になったらダメ、ゼッタイ
…ヽ(´ー`)ノ

あ、さてー。

エイドを後にして、次へ。
この辺りは旧街道の風情ですわ。割とお年寄りの応援が多かったですな。
エイドの水やスポドリにも飽き、晴れて暑かったこともあって
「麦茶が欲しいナァ…」と思いながら自販機をキョロキョロ探すも、
緑茶はしょっちゅうあっても、麦茶は何故かないんな。
仕方なく「爽健美茶」で手を打ちましてん。
そして、弥栄庁舎(55.7km)エイド・第2関門へ到着。
と、ここで、たーはるパパさん・井出さん・メガネくんの団体サンに追いついた!

2014092206.jpg
弥栄庁舎…去年の終戦地

今回ここに着いたときはうれしかったですわ。
この時点で100km完走はまだやったけど、
「何か」を克服した気がしましてん。

このエイドの特別メニュー、バラ寿司を貪り喰らった
…去年と違って、戦いの途中で貪り喰らった。
コーラも貪り飲んだ。胃腸はまだ何ともない。

(続く)

ゴールデン de バラ寿司
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可