2014年02月20日 (木) | Edit |
わんばんこ。

今日は学生時代の友達と飲んでたんで盛大にランオフでおま。
会話の内容がだんだんオッサン化してきましたわ…。
昔は自分がオッサンになるとは思ってなかったんですけど、
気が付けば紛うかたなくオッサン。切ないのぅ…。

ま、走ることを考えてるときはそうでもないんやけどね。


*****

さて、泉州の話の続き。

レース中はGarminを使ったんですけど、
距離表示とオートラップがズレると気持ち悪いんで、ラップは手動で取得しましてん。
ただしGPSは作動させて、ラップペースを表示させて目安にしますねん。

モンスターブリッジを過ぎた辺りから
何カ所かラップボタンを押し忘れたところはあったんですけど、
そういうところは、ランナーズアップデートやら
Garmin Connectのデータから推測しましてん。

では、ラップタイムとともに振り返りまひょか。


【スタート~10km】
  6'25-5'04-5'10-5'09-5'15
  5'14-5'12-5'16-5'13-5'10


スタートロスは50秒くらいやったかな?
団子状態で浜寺公園をスタートですわ。さすがに規模が大きいなぁ。
第2ラップでは、アドレナリン効果(?)で早速のスピード違反。
この時点でゴールデンプランに追いつきましてん。
後は普段のペース走みたいに走るだけや…クックック。

4kmを過ぎて折り返した辺りで水分補給。
さらに進むと「ぐわぁ、頑張れ!」の声が…コレがぐわぁ(゜Д゜)T効果か!
「ありがとー」と応えましてん。

そうそう。
今回はなるべく笑いながら、応援には応えながら走ろうと思ってましてん。
何回かフルを走ってるうちに、
一見フィジカルとは関係なさそうなそういうことが大事なのが、
身に染みて分かってきましてん。
実際、紀州のときの写真(オールスポーツ)を見たら一様に険しい顔をしてましたわ。
泉州では走ってて楽しい気分でしたな。

気温は涼しくてちょうどエエ。
紀州のときは暑くって「最初から心拍数急上昇」て感じやったんですけど、
今日は心臓サンが、

「もっと行ってエエで!」

…って言ってる気さえしてきましてん。
そこを敢えてセーブしながら、それでも数秒ずつ「貯金」が溜まっていくなか、
目標に一歩づつ近づく感触がありましてん。
エエで! エエで!!!

第10ラップに入ったら、次の給水所(10.1km地点)に備えて
塩熱サプリとようかんをかじり始めますねん。


【10km~20km】
  5'18-5'13-5'13-5'15-5'16
  5'17-5'16-5'17-5'18-5'17


…まさに「置きにいって」ますな。
我慢して基本ペース(5'18/km)に抑えようという意識がありましたわ。

給水所(10.1km地点)でスポドリを一口。ようかんの口をさっぱりさせますねん。
(多分)第13ラップでボトルの水を一口。
塩熱サプリとようかんをチビリチビリと食べ終わった頃に
16km地点の給水所でスポドリ・水を一口づつ。
ここまでの給水は駆け抜けながらやったんでタイムロスはなし。

この辺り、やたらニコニコしながら走ってましたわ。何回もハイタッチしましてん。
そして「ぐわぁ(゜Д゜)T効果」も実感。

あ、そうそう。
ぐわぁ(゜Д゜)Tに対する反応を分類するとこんな↓感じ。

(1) Tシャツを知らないけど「ぐわぁ(゜Д゜)」の文字の滑稽さに反応。
⇒ 「なんや、兄ちゃん! 『ぐわぁ』ってなってるやんけ!」みたいな感じ。
(2) Tシャツを知ってて明確に応援。
⇒ 「『ぐわぁ』頑張れ!」とか、
  背中にしか書いてないはずの「死ぬ気で走らんかい!」を飛ばす。
(3) Tシャツを知ってるけど応援仲間とヒソヒソ。
⇒ 「アレ、『ぐわぁ(゜Д゜)T』じゃね?」みたいな感じ。

うん、(3)の反応が割とあった気がしますわ。
気になって、何度か応援の人の会話に耳を傾けているうちに、
単に「うわぁ!」って言ってるだけやのに「ぐわぁ!」て聞こえてしまう幻聴。
「アレ? 今、ワシを応援してくれた?」みたいな自意識過剰ヽ(´ー`)ノ

楽しい気分のなか、目標にさらに近づいていく感触がありましてん。


(続く)

エエで! エエで!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可