2014年02月11日 (火) | Edit |
今日は6kmジョグ。
脚が軽い気がしたんですけど、ココで調子に乗ったらアカン。
水曜・木曜に5kmずつジョグしといて泉州を迎えますわ。


*****

さてさて、紀州レポートの続きでおま。

暑さのなか心拍が落ち着かなかったり、
脚にチョッと重さを感じながらも、
20kmくらいまでは予定通りのペース。
そこからガクンときて異変を確信し、
どうにもならない感じで迎えた30kmでは10分程度の遅れ。
でもココから復活したら、少なくともサブ4だけは死守できるんやけど、
どうなる? ワシ???

…ってなところが前回までの話。


そうそう。思い出したことがあったんで書いときまひょ。

ほら、走ってたら「足裏にマメができた」とか「爪がめくれた」とか、
とにかく、摩擦・圧迫系のトラブルがありますやんか。

いえね、15kmくらいからやったか、こともあろうか、
「(男性限定の)ナニの先端」が痛くなってきたんですわ。
こんなことは今までなかった。
…まさかの新ジャンルか???ヽ(´ー`)ノ
いえいえいえ、貴重なレースの記録ですから。
# 背徳ネタちゃうで! ホンマやで!!!

まぁ、その…。
ファイントラックに閉ざされた世界の秩序が乱れたというか、
いや、もっと簡単に言うと、ポジショニングに問題があったというか。

「一体、何がどうしたんや?」
「そやから、ナニがどうかしたんやろ!(゚Д゚)ゴルァ!!」

…みたいな自問自答をして、応援の人垣が切れたのを確認してから
「世界秩序の再構築」というか「ポジショニングの修正」を図るんですけど、
「またココに戻ってきたZE!」的な感じ(?)でチョッと難儀しましてん。

この痛い感じはゴールまで続きましたな。
…もっというと、痛みは数日後まで続きましてん。
# あ、失速の原因ではないんですけどね。


【30km~35km】止める心 ふり切る心
  7:53-7:09-7:35-7:02-6:45

30.5km地点の給食所でも、歩きながら
「水 ⇒ ポカリ ⇒ バナナ ⇒ ポカリ ⇒ 水」と、
手負いの獣のごとく貪り喰らいましてん。
「とにかく何か飲ませろや!」って感じでしたな。

ふとテーブルに目を遣ると(水を吸った)スポンジが置いてあったんで、
荒々しく首筋に当てましてん。
マラソン大会のエイドでたまにスポンジを見掛けるけど、
いやぁ~なるほど、こんな時に使うんか…。

再び走り出して数百メートル進んだ頃、
今回のレースで最も振り返りたくない、
そしてココにも書きたくない瞬間がやってきましてん。


「前に進めん…進めんよ…」


ガードレールに両手をついてうなだれましてん。

すぐに軽くストレッチして走りだしたんで、
止まってたんは多分20秒とか30秒やったと思うんですけど、
その間に色んな思いが駆け巡りましたな。
端的に言うと、一瞬なりともやっぱり「折れた」んでしょうな。
何やら情けなくって…。もし紀州に一人で来てて、
ブログにも書いてなかったらここでDNFしてた…かな?
「『3時間45分切りですわ。クックック…』とか、みっともないわ!」と、
過去の自分を罵りましたな。

「残りは歩いてしまおうか…」

残りを歩いたって制限時間に間に合うのはもちろん、
一緒に来た連中よりも先にゴールできるんは分かってた。
分かってたんやけど、湧いてきた想いは…

「わざわざ紀州で歩くためにトレーニングしてきたんちゃうわ!」


レースの間に訪れた一瞬の「黒い時間」はそれでおしまい。

何て言うんですやろか?
例えば、仕事してても気分が乗らん日ってありますやんか。
「あ~あ、今日はアカン日やったなぁ…」みたいに、
溜息とともに終える一日がありますやんか。
そんな時は、気分を入れ替えて次の日に頑張ったりするんですけど、
よう考えたら、気分を入れ替えるのが「次の日」でなくても、
「午後から頑張ろ」とか、
晩遅くなってからでも「うん、今からのワシは別人!」みたいな感じで、
仕切り直しなんて何時やってもエエんですわ。

…そんな感じで、ひと時の挫折感なんて忘れたらエエのんな。
なかったことにしたらエエねん。
「ここから12km走る、別のレースが始まるんや」と、また脚を進めますねん。
もちろん、「別のレース」と言うには脚が重すぎるんですけど、
まぁエエ、まぁエエ…とにかく走ったらエエ。

心は復活した。
走ってるうちには脚も復活するかも知れん。

33.8kmの給食所でもさっきと同じように貪り喰らう。
紙コップとバナナの皮をゴミ箱に叩きつけて走りだす(゚Д゚)ゴルァ!!


【35km~42.195km】前向いて走ったら…
  6:33-6:45-7:02-7:17-6:47
  7:36-6:34-1:00


第35ラップで鮎川新橋を渡って富田川の対岸へ。
ここからしばらくは、
交通規制なしの道路の路側帯に体を押し込んで走りますねん。
一般的には辛い状況なんですけど、
紀州3回目ともなればソコは慣れっこですわ。
ここからは若干下ってますねん
…そうそう。ポジティブな要素に目を向けまひょ。

淡々と距離表示の看板を拾って進む。
37.9kmの給食所でも、さっきの給食所とやることは同じ。
ちょっと進んだら国道から外れて生活道路へ。

そうそう。一昨年はこの辺りでマッチに引き離されたナァ。
「今年はどの辺りを走ってるんやろ?」…そんなことを思いながら進む。
沿道には応援の人が増えてきて、苦しいながらも手を振って応えますねん。
上に書いたタイム見たらどうしようもないんですけど、
残ってる脚で最善の走りをしたと思ってますねん。

40.3kmの給食所。
コップの水が零れまくったけど気にするか(゚Д゚)ゴルァ!!
生活道路を抜けて富田川の堤防に上がる。
ゴール地点の建物群が見えてきた。
最後の給水所を抜けたら残り数百メートル。
狭い道の両側にできた応援の人垣を抜け、咆哮とともに駆け抜ける。

ゴールアーチを抜けて最初に訪れたのは「静寂に包まれた感覚」
…これは何回走っても変わりませんわ。

そして、去来する思いは
…もっと中身のある感想を持つかと思ったんですけど、
今回もやっぱり同じでしてん。

「もう歩いてもエエんや…」


(続く)

次回は反省編…多分
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
ナニの先端(笑)
そりゃ心折れるわ
ん?それが原因じゃない?
私も50kmを超えると袋の根元がコスれてイタい目に遭います
しかし、フルマラソンは楽しさとしんどさが背中合わせですね
次回は楽しさを掴めますように
2014/02/11(Tue) 11:52 | URL  | 季節外れ #-[ 編集]
季節外れさん:

> ナニの先端(笑)
> そりゃ心折れるわ

心が折れる前にナニが折れたっていうね…ヽ(´ー`)ノ

あ、「袋の根元」がキますか!? 私はケツの周辺が
…って、ここは何のブログですかいな。いやぁ~。

泉州では一生懸命になりつつ、楽しい気持ちで走りたいと思います。
ありがとうございます。
2014/02/12(Wed) 00:48 | URL  | いしきち #8lEN.t8E[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可