2017年06月06日 (火) | Edit |
わんばんこ。

ま、ポクポクとは走ってるんですけど、
先日、小一時間くらい立ちん坊になる用事がありまして、
その後から踵にチョッと違和感

…立ってただけで違和感とか、軟弱過ぎますな(汗)。


それはさておき、書き足し書き足しつつ、
ようやくゴールまで着いた赤穂ネタでおま。



*****

70km地点でコーラをガブ飲みしていよいよ出発。
この時点でゴールデンプランに約5分先行。
今回はそこから感動のフィナーレ(違)までの話。

70km走は年に一回するからそこまでのイメージは湧くんですけど、
その先がナァ~…。
ただ、「残り30kmはイケるんとちゃう?」くらいの
ふんわりした感じはありましてん
…故障さえしなければ、ですけど。

故障回避 ⇒ ゆっくり走る・たくさん休む

…ってな訳で、70~100kmの方針は

「走ってるときはキロ7分半:
 5km走って5分休み ⇒ もう5km走って10分休み」

10kmで90分使う計算になりますな。
そう書くと大したこと無い気がするんですケド
…うん、大したことないで (ハァハァ)


[1] 80kmまで:
  [周回数] ラップタイム (ペース) 休憩時間
  [15 (~75km)] 36'47 (7'21/km)-05'58
  [16 (~80km)] 35'28 (7'06/km)-12'09


5時スタートの100kmの部の他に、
10時スタートの50, 30, 10kmの部があって、
ナンバーカードの色で区別が付きますねん。
さすがに10kmの部のランナーはもう走ってないんですけど、
30kmはわずか、50kmがメインって感じでしたかいな?

100kmランナーは、
エントリ70人に対して、出場は50人くらい?(雰囲気)
この時間にはDNFの人もそこそこ居るっぽく、
コースに残ってるんは多くて30人くらい(これまた全く雰囲気)。
さらに、フツーに20周をFinishするランナーも出てきて、
コースがどんどん寂しくなっていきますねん。

公園客も三々五々、家路に就きますねん。
ワシは赤穂海浜公園を余すことなく味わい尽くす所存(ウップ)。

そうそう。
胃腸の調子が悪いながらも、
何とか「エア嘔吐」だけで済んでましてん。
また、レース前は「ダイに何回も行くことになるやろ」と思ってたんですけど、
不思議なことに催しませんでしてん。

この頃になると、
コース要所のスタッフさんとスッカリ顔馴染み。

ス:「頑張って!」
い:「ありがとうございます!」
ス:「もうラストか?」
い:「いや、あと6周…」

スタッフさんも早仕舞いしたいんかも(苦笑)。
それからは通る度に
「あと○周です(スンマセンなぁ~)」の態で自己申告。

スタート・ゴール地点を通過するたびに、
フィニッシャーと応援者の談笑が聞こえてきましたな。
ワシも早よそっち側に行きたい…。

…ってな訳で、80km地点に到着。
クドいんですけど、毎回毎回同じ場所に到着しますねん。

…いや、ワシがクドいんと違って、
コース設定がクドいんやでヽ(´ー`)ノ

2017060501.jpg
レモンティーとフルーツゼリー

団子があと2串残ってるんですけど、固形物を摂る気は既にゼロ。
ゼリーは半分残して、90kmの休憩のときに食べるつもり。
食べながら丹念に脚揉みを実施。

「残り20kmまできたからほとんど終わり」て一瞬思ったんですけど、
フツーに考えたら、サラ脚で20km走るんかて大層なことですわ。
イカれた人達とお付き合いさせてもらううちに、
ワシもイカれてきたようですわ…

朱に交われば赤くなる(爆)

アカン、アカン…もう真っ赤っかですわ。
ダイジョウブですか?…皆さん!?(爆)


あ、さてー。

ほんならラン再開しましょか~。


[2] 90kmまで:
  [周回数] ラップタイム (ペース) 休憩時間
  [17 (~85km)] 35'29 (7'06/km)-06'31
  [18 (~90km)] 37'14 (7'27/km)-08'15


この頃には陽の勢いも衰え、
被り水は要らんようになってきましてん。
走り出しは鉛みたいに重い脚でもすぐに解れてくるんは
イヤと言うほど学習済み…。

ランナーは一層減ってきましてん。
# …って、増えはしませんな(当然)。

100kmランナーとすれ違う度に
ナンバーカードに何となく目を配る。

周回毎に「短冊」をちぎるんで、ヒラヒラと残ってる短冊を数えたら、
自分より前か後ろか分かりますねん。

2017051607.jpg
これが…

2017060503.jpg
最終的にこうなる。

この時間にもなれば、
どのランナーにも疲労の色が濃く表れてきますわ。
ワシは、1周ごとにゴールに近づく気持ちの昂ぶりに支えられて、
黙々と前へ脚を運びますねん。
中には、絶望的なほど周回数を残したランナーも居るんですけど、
そういう人もその人なりの想いで前に進んでるんやろ…。

コースではそろそろ片付けが始まりましてん。
要所のスタッフは居るんですけど、
軽トラックがコース誘導用のコーンやらバーを回収していきましてん。
確かに、イヤと言うほど走ったコースで、
今さら誘導は要りませんわな(苦笑)。

疲労感はもちろんあるけど、
故障につながりそうな感じは全然なし。
今日は何とか完走できるやろ。

…そんなふうに感じて90km地点到着。
# 「地点」て言っても…(以下略)。

フルーツゼリーの残りと、追加購入したミルクティーで休憩。
…ミルクティーを選びながら、たーはるパパさん
「コース終盤でいつもミルクティーを飲む」って、
丹後で言ってはったのをフト思い出しましてん。
# 元気にしてはるんかな???
そういえば、レース中に歯磨きをするという発想も、
パパさんからいただきましてん。


いよいよ残り10kmで最終区間へ!
…と思ったんですけど、10km言うたら2周。
「最終」ってのはもうチョッと後か
…まぁエエ、まぁエエ (ハァハァ)


[3] 100kmまで:
  [周回数] ラップタイム (ペース) 休憩時間
  [19 (~95km)] 37'47 (7'33/km)-02'28
  [20 (~100km)] 37'57 (7'35/km)


ここまで来たら、後は脚を引き摺ってでもフィニッシュできそう。
…ま、今回は何が幸いしてるんか故障の気配はほどんどなく、
前に進めてますねん。

このレースの制限時間は「日没」までで、19時頃が日没のハズ。
19周目(95km)を終えた時点で
19時までには余裕で戻ってこられる状況やったんですけど
スタッフさんに一応確認。

い:「日没て何時ですか?」
ス:「かまへん、かまへん…行って!」

…あ、そうスか。

過去データやら今回の経験からの勝手な推測なんですけど、
おそらく、日没直前までに、最終周回に(紛いなりにも)走ってINしたら
最後まで走らせてくれそうな感じですわ。
# 本当かどうか責任持てません…。

休憩もそこそこに最終周回へGO!

公園客はすっかり帰ってしまい、
ランナーも疎らになったコースをポクポク走りますねん。
ウンザリするほど(=19周)走ったコースも、
「これで最後」と思うと感慨深いモンがありますわ。

2017060502.jpg
難破船の遊具のところ
…残り約2km。まだ「日没」してへんで!

そしていよいよゴール!

2017051403.jpg
やったゼ!


…それはもう、うれしかったですな。
100kmを大会で完走したんと言えば2014年の丹後だけ。
確かに、自分で走ったコレコレにも達成感(苦笑)はあったんですけど、
「ちゃんとした大会で完走」って言う喜びが遥かに上回りますわ。
やったナァ~。


うん。今年の「お勤め」はコレで終わりやで!!!
# 後は、ヘンな気(爆)を起こさんように気を付けよう…。


***

ゴール後は、歩いてそのまま後泊のホテルへ。
大浴場で湯船と水風呂を行ったりきたりして疲労回復。

2017060504.jpg
カンパ~イ!
近所のお好み焼き屋さんに行って、お一人様 de 打ち上げ

…って、珍しく一杯目でお腹イッパイ。
# そういえば今日は胃の調子が悪かったんや…。

ブログに完走の記事を上げた後は、
丸太のようにベッドに沈みましてん。


***

さてさて。

6回にわたってお送りした赤穂ウルトラマラソンのネタ。
大会の魅力を余すことなく伝えられたと自負しております(爆)。

フラットやから楽。
# 逆に「歩きどころ」が無いと言えば無い。
加えて、5km周回やから自前エイドを準備しやすいのがエエ。
初めて100kmという数字を狙うには
エエ大会とちゃうやろか???

率直に「来年も出てもエエかな?」って気持ちですわ。

# 誰か一緒に出てくれる人が居たらエエんやけどナァ~


***

そんな訳で、
運営スタッフ、コースで励まし合ったランナー、
遠くから応援してくれたお友達、好き放題させてくれた嫁サンに感謝して
赤穂ウルトラのレポートを終えますわ。



おしまい!


5/29 (月)の走行距離: 10.2km
5月の走行距離: 235.0km

6/1 (木)の走行距離: 10.2km
6/4 (日)の走行距離: 10.2km
6/5 (月)の走行距離: 10.2km
6月の走行距離: 30.6km



赤穂の壺売り!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村








スポンサーサイト
テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ