2013年07月21日 (日) | Edit |
お留守番第三弾ですわ。


##### 2012年紀州口熊野マラソン・その7 ###############

身体の重さに加えて吐き気と戦う終盤戦。
どうなってしまうんでっしゃろか?

 38~39km ⇒ 6:57

給水所ではだいたいスポーツドリンクを補給するんですけど、
独特の味が吐き気を強めそうで、
このあたりでは真水を飲んでましてん。
そうこうしてるうちに吐き気は収まってきた
…って、すんません。あっさり解決してもうて。
悶絶しながら走り続けた方がドラマチックなんやけどねぇ(苦笑)。

吐き気が落ち着いたら、沿道の人の声が耳に入ってくるようになった。
そういえばこの数キロは、沿道に応援者は居てくれたんやけど、
その顔はのっぺらぼうのようで、その声は単なるざわめきのようで、
ほとんど印象に残ってなかったな…。

沿道の声に耳を傾けると、
どうやらマッチが私の少し前を走っているらしい。

「○○ちゃ~ん、今、(マッチが)通った♡」と電話で話す声。
「いやぁ~ん、(撮ったのに)脚しか写らんかった~」と残念がる声。

視線を前にやると、
50mほど先にそれらしきヘアスタイルの人が走ってる。
あの人なら、さっきからワシと抜きつ抜かれつやったな…。
#特徴的なウェアやったからよう覚えてますねん。
「ここはいっちょ、追いついて顔を確認したろ」と
野次馬根性を出したものの、マッチ(に違いないランナー)との差は
だんだん開いていきましてん…やりよる。

 39~40km ⇒ 6:35
 40~41km ⇒ 6:47
 41~42km ⇒ 6:28
 42~42.195km ⇒ 1:09


吐き気はおさまったものの、身体の重さは相変わらずですわ。
さっきまでが「水中を走ってる感じ」なら、この辺りでは、
「(グラウンド整地用の)ローラーを引っ張ってる感じ」ですわ。
具体的に説明すると、身体が後ろに引っ張られるのに加えて、
地面に向かっても引っ張られる感じですわ。

♪おっもっい~ぃこぉんだぁら~試練の道を~

それでも、ゴールへと向かう帰巣本能に従って、
動物のようにひたすら脚を前に運びますねん。
掛け声というより奇声を発しながらのラン。
ゴール地点にある建物も見えてきた。
ゴール前の数百メートルは応援の人垣ができてた。
気にせず奇声を発しながら、死力を振り絞って人垣の間を駆ける。

…周りのざわめきが全く聴こえない感覚のなか、
ゴールゲートをくぐる。
目標の4時間半を切ったのは意識してたけど、
そのうれしさより先に浮かんできた想いは、ただシンプルに

「もう歩いてもエエんや」

…あぁ、歩いてもエエんやなぁ。

ゴールエリアでは、靴に結んだICチップを係の人が外してくれる。
周りの人の「マッチお疲れ!」という言葉が耳に入り、
ふと横に目をやると紛うかたなくマッチがすぐそばに居た。
やっぱり、アレはマッチやったんや。
# 私の約2分前にゴールしたもよう。
ミーハーな気持ちではなく、
同じように走り抜いた戦友のような気持ちで彼を見ていた。

自分で設定した目標を、
途中でダウングレードすることなく達成した。
#自分はダメ人間ではなかったんや…。
一つ前に書いたけど、自分で決めた目標に立ち向かうのはしんどかった。
人に強制された方がどれだけ楽かと思う。

…って、いえいえ。小難しいことは置いといて、
早く帰って風呂に入って、ビールでも飲みますか。
文句あっかー?

ってな訳で、紀州口熊野マラソンのお話はおしまい。
あ、全部読んでくれはったん? お疲れさんです~(笑)。
また走りまっさ~。

#########################

ちなみにタイムは4時間27分台でしてん。


ギンギラギンにさりげなく
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ
2013年07月20日 (土) | Edit |
お留守番第二弾ですわ。


##### 2012年紀州口熊野マラソン・その6 ###############

30kmを越えましたなぁ。残りは佐鳴湖2周分
# ローカルやってヽ(´ー`)ノ

 30~31km ⇒ 8:46 (←ストレッチ約2分)
 31~32km ⇒ 6:38
 32~33km ⇒ 6:44
 33~34km ⇒ 6:55
 34~35km ⇒ 6:57
 35~36km ⇒ 6:43


ストレッチした後、急に脚運びが重くなってきた感があり。
水の中を走っているような感じですわ。
タイムにもそれが表れてますな…。

ストレッチせん方が良かったんやろか?
いや、そんなことはないか
…これが「30kmの壁」って言うんやろうか?
でも、このペースを何とか維持したら、
目標の4時間半はまだ可能やな。
そんなことを思いながら、ひたすら前に進みますねん。

 36~37km ⇒ 9:04 (←ストレッチ)

あ、あかん。どうにもならん…もう一回ストレッチや。
再び走り出すのが辛くて、
コース脇のガードレールに両腕をついてうなだれてた。
やがて脚をズルズル引っ張りながら、
歩くのと大して変わらないペースで走りだす。

 37~38km ⇒ 7:21

このあたりになれば、周りには歩く人が随分増えてくる。
「自分も歩いたらエエんとちゃうか?」
「歩いたって、制限時間内(6時間)にはゴールできる」
…そう囁く もう一人の自分。
それを打ち消し、走りだしたら、今度は、

「目標4時間半っていっても、人には話してない。
 ここで目標をダウングレードしたところで、誰にもバレない」

という思いが浮かんでくる。そしてその卑怯さに嫌気がさす。
目標を人から隠して、
達成出来なかったときに謗りを受けないようにする。
自分はいつだってそうだ…。
自分で設定した目標に立ち向かうのは、実はしんどい。
今日だって、人から「4時間半で走れ」と
命令されてた方がどれだけ気楽か…。

そんなことを考えながら、脚をズルズル引っ張りますねん。
そうしたら、今度は吐き気を催してきた。
道端にぶちまけてしまうか?
でも、そのために立ち止まったら、
再び走り出せないような気がする。
辛抱しながら走ろう…。

…続く。

#########################


芸風が違うで
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村




テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ
2013年07月19日 (金) | Edit |
予約投稿というハイテクを駆使してのお留守番第一弾。

昔、別のとこで書いた話の発掘、
2回目のフルマラソンの時の話ですわ。

ちなみに前回まではこちらから。ひと月前ぶりですな。


##### 2012年紀州口熊野マラソン・その5 ###############

フルマラソンも2回目。余裕が感じられますな。
まだまだスタスタと走りまっせ~。

 15~16km ⇒ 5:47
 16~17km ⇒ 5:43
 17~18km ⇒ 5:56
 18~19km ⇒ 6:14
 19~20km ⇒ 6:51 (←このあたりは峠越え。)


ググっとペースが落ちてるんですけど、
ちょっとした峠越えがあったんで、しゃーないですな。
ちなみに20km時点でのスプリットタイムは1時間58分01秒。
スタート時の遅れを取り戻して、平均6分/kmって感じですわ。

 20~21km ⇒ 6:07
 21~22km ⇒ 6:26
 22~23km ⇒ 6:17
 23~24km ⇒ 6:35
 24~25km ⇒ 5:53


峠を越えた後も、脚へのダメージでペースが戻らんのですけど、
しばらく走ってるうちに、きっと回復してくるのは分かってる。
そんなふうに思えるのも、充分練習を積んだ強みですわ。

…別にこれは、走るときだけの話とちゃうけどね。
困難に向かうときはたくさん準備した。
そのために捨ててきたことはたくさんある。
そのことに後悔が無いとは言わんけど、
「かかるがゆえに我あり」と思いますわ。
こんなことを考えるときいつも、
小田さんの歌(さよならは言わない)の、

「戦い続けた わけじゃない 流されて来たとも 思わない」

…ってフレーズがふと浮かびますわ。
このフレーズ、ものすごく好きなんですわ。

 25~26km ⇒ 6:00
 26~27km ⇒ 6:05
 27~28km ⇒ 6:18
 28~29km ⇒ 6:00
 29~30km ⇒ 6:13
 30~31km ⇒ 8:46 (←ストレッチ約2分)


ここへ来て、ペースがキロ6分をコンスタントに
越えるようになってきましたな。
まぁ、最初からそのつもりやったし、
あんまり気にせんと走りまひょ。
30km地点のスプリットタイムが
2時間59分55秒…ってな訳で、
目標の4時間半以内でのゴールが見えてきましたなぁ…クックック。
30kmを越えたところで当初の予定通りストレッチ。

…続く。まだまだ引っ張りまっせ~(笑)。

#########################


お留守番、お留守番
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ
2013年06月21日 (金) | Edit |
3日目のランオフ。
雨が降ってるから仕方ないですな
…って、前は雨に関係なくジムのトレッドミルでよう走ってたんですけど、
外で走るのに慣れてしまうと、トレッドミルの順番待ちするんが面倒でなぁ。

##### 2012年紀州口熊野マラソン・その4 ###############

号砲がなってスタート。
マラソン大会がもっとも盛り上がる瞬間ですなぁ。

  0~ 1km ⇒ 7:36 (←スタートラインロス1分20秒を含む。)
  1~ 2km ⇒ 6:11 (←まだまだ混雑してましたわ。)


このあたりはランナーでだいぶ混雑してますねん。
他のランナーのお喋りもよう聞こえますわ。

「うわー、なんで今、フル走ってるんやろ? ノリだけでエントリしてもうたー」

…なんてことを言う人が居たんですけど、
それくらいマラソンの敷居が低くなったということやろなぁ。

ちなみに私が出場しようと思った最も最近の動機は、
立ち読みした雑誌に載ってた
「初心者が2ヶ月でフルマラソンを完走するトレーニングメニュー」
…みたいな記事を読んで、
「こんなんやったらワシでも余裕で出来るがな」と勘違いしたことですわ。

  2~ 3km ⇒ 5:38
  3~ 4km ⇒ 5:38
  4~ 5km ⇒ 5:41


6分/kmのペースを維持しようと思ってたんですけど、
周りにつられて若干速めになるんは大会本番ならですわな。
そろそろペースを抑えまひょか~。

  5~ 6km ⇒ 5:43
  6~ 7km ⇒ 5:52
  7~ 8km ⇒ 5:41
  8~ 9km ⇒ 5:37
  9~10km ⇒ 5:35


それなりに抑えようとしてるんですけど、
5分40秒前後のペースが続きますなぁ。
これがワシの実力なんやろか?
まぁ、だいぶトレーニングしたしな。クックック…。

マラソン大会といえば、仮装して走る人が居ますけど、
この辺りでは「加トちゃん(ステテコ・腹巻・カツラ・ヒゲ・眼鏡)」の人が居て、
その人とデッドヒートを繰り広げましたわ。
人が真剣に走ってるのに笑わすなっちゅうねん(笑)。

 10~11km ⇒ 5:40
 11~12km ⇒ 5:41
 12~13km ⇒ 5:40
 13~14km ⇒ 5:41
 14~15km ⇒ 5:36


淡々とエエペースを刻んでますナァ。

この大会は17回目ということもあり、街の一大イベントという感がありますわ。
人口構成の関係か、わりとお年寄りの応援が多いですな。
軒先に椅子を出して「ヨヨヨ…」という感じではありますが、
ランナーの励みになりますわ。

さてさて、この調子で行きまひょか~。

…続く。

#########################

さぁ、もう寝よ…。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ
2013年06月21日 (金) | Edit |
しっかし、よう降りますな。

今週は土曜の天気が気になって気になって…。
まったく雨が降らず、という訳には行かんかも知れんけど、
まぁ、ごみ袋(首と腕のとこをくり抜いたヤツね)を持ってけば十分でっしゃろ。
うん、最高気温が29度と、久しぶりに見る20度台ってのもエエ。

…ん? 何しに行くかって? どっか行くかって???
それは教えたらしまへん…クックック。

さてさて、発掘シリーズですわ。

##### 2012年紀州口熊野マラソン・その2 ###############

思い出しながらポツリポツリと書きまひょか…。

ところでこの大会名、「きしゅうぐち・くまのマラソン」やのうて、
「きしゅう・くちくまのマラソン」なんでっせ。
常連さんは大会のことを「くちくま」と略して言うみたいですな。
#私も今度からは常連ヅラをしてみよう。

ま、それはさておき前日の話。
起きるなり、やっぱり大盛ライスを食べる訳ですわ。
普段は食堂で、「ライスSS」(小ライスよりさらに少ないのん)を
食べてる身からすれば、ここ数日は中々お腹が空かんのです。

そして、阪和線の特急で紀伊田辺まで、
さらにバスで15分程度で、舞台となる上富田町へ事前受付にやってきましてん。
済ませられることはなるべく早く済ませといた方が、
当日はレースに集中できますしな。

上富田町、言うてもピンと来ませんかな。「白浜の隣」と説明すると、
白浜に行ったことない人でも「あーあー、あの辺ねー」と言ってくれますな。
で、演歌歌手の坂本冬美の出身地なんですな。
役所には彼女が寄贈したモンが置いてあったり写真が飾ってあったり、
スーパーでは彼女の曲がさりげなく流れていたりと、
とにかく郷土がうんだ大スター、って感じですわ。

その後は、白浜をちょろっと観て、ちゃっちゃと宿に入りましてん。
ご飯は相変わらずてんこ盛り…。

今日は早よ寝て明日に備えまひょかー。

#########################

##### 2012年紀州口熊野マラソン・その3 ###############

朝や、天気エエ。今朝もぎょうさん食べまひょか~
…ってな訳で、おにぎり4個・団子2本…うっ
なんとか食べて、やる気満々のウェアに着替えて、
シャトルバスで会場までやってきましてん。

そういえば今日、あの「マッチ」が、
この大会に3回目の出場をするらしいですわ。
パンフの一般参加者のところに近藤真彦の名前が
ギンギラギンにさりげなく載ってましてん。

近頃のマラソン人気で、この大会の参加者数も急増中ですわ。
今年はフルの部が2500人、全体では6400人。
おかげで更衣室やらトイレがえらいこと混んでましたな。
#マッチを探してもそうそう見つからんはずやわ。

そうこうするうちに、メインステージでイベントが始まりましたわ。
この辺りは弁慶の出身地のようで、弁慶コスプレした人がいましたわ。
他にも着物の男女(義経と静御前ですかいな?)、
町の「ゆるキャラ」もウロウロしてて、まぁ、お祭りですわ。
屋台もたくさん出てますし。
そして、インストラクターが登場して、満面の笑みで準備運動のエアロビ開始。
まぁ、私も一緒になってやっときましょか~。

スタート約20分前に選手はスタート地点に行きますねん。
この大会では、並ぶんは早いもん勝ちみたいですな。
適当に行ってみたら、前回(福知山マラソン)よりもええポジションですわ。

今回の目標は、ズバリ「4時間半切り」…本気です。
でも、これは秘めた目標で、人には話してないのだ。
人に目標を聞かれても、「まぁ、完走できたら良しですわ」とか
「無理せんように気を付けまっさー」と、曖昧に答えてましてん。

ずいぶんトレーニングした。前回(11/23)以来、500kmは走ったかいな。
その感触から達成できる気がしてましてん。
6分/km( ⇒ 40kmを4時間)をひたすらキープすれば、
スタート時の混雑・トイレ・ストレッチを考慮しても4時間半切りは可能。
そんな胸算用でスタートを待ちますねん。

・・・続く。

#########################

ゴメンやで。「その2」でも「その3」スタートしまへん。

♪ わ、わ、和歌山ぁ~
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ