2013年05月28日 (火) | Edit |
まいどのど。そろそろ平常運転に戻りますやろ。
今日も絶賛ランオフ。ま、本業が忙しいんでちょうどエエ。

今日はだいぶ疲労感がありましたな。
前回の50km走の時はどうってことなかったんやけど…。
会議中におもくそ寝てもうたやないかヽ(´ー`)ノ

あ、今朝出勤したら、たまに会うトイレ掃除のオッサンが、
5mくらい向こうから「おはようございま~す」と陽気な挨拶。

…ま、いつも陽気な感じの人なんですけど、
今日は特別な感じがありましたな。
「いやぁ~、暑いですなぁ」みたいな世間話をしてくるんで、
ワシも「ホンマですナァ」みたいな感じで返しましてん。
これと言って有益な話をした訳ではないんですけど、
挨拶ってのは気持ちええモンですナァ。理屈とちゃいますわな。

…で、何の脈絡もないけど、初マラソンの思い出。
いよいよ感動のフィナーレ(← もぅエエっちゅうねん)。

##### 2011年福知山マラソン・その8 ###############

・・・ようやく完結編。

ゴール後ボーっとしてたら相方に気付く。
「ゴールあたりで応援してくれてたかどうか、気づかんかった」
「必死だったよ」
「・・・・・・(苦笑)」

わざわざ遠くまで来てくれて、
寒い中を何時間も待ってくれてありがたや~。
しっかし、その感謝の念をここで丁寧に記述すると、
「ごちそうさま」ってなことになるんで、
このくらいにしときまひょ(笑)。

感謝といえば、ボランティアスタッフにもその念をいだきますな。
福知山マラソンと言えば、
f実はランナーの間でかなりの人気大会ですねん。
その理由の一つが、ありとあらゆる場面での心配りですねん。
それを支えてるんが大勢のボランティアスタッフですわ。
#たぶん軽く1000人は超えてるんちゃうやろうか?

さてさて、走った後の会場では豚汁のふるまいがあって、
相方が「みんな並んでるよ」と言うんですけど、

 「豚汁より麦汁が欲しいんです!!!」
 ↑フォントサイズ特大でどうぞ(笑)。

・・・ってな訳で、
豚汁はパスして(でもたこ焼きは食べたどー)麦汁一直線(笑)、
というとこなんですけど、それはお預けで、
まずは荷物を取りに今朝の宿へ、そして銭湯に向かいましてん。
なんせ、30km過ぎくらいから風が強くて、身体が冷えましてん。
朝は20分くらいで歩いた道を、
疲れた身体を引っ張り、30分くらい掛けてトボトボ。
5時間も走って今更30分歩くくらいどうってことないですが。

で、昭和テイスト満載の銭湯でしばしの休息。
あれだけくたびれてた足腰も、湯船のなかでは不思議と楽やった。
銭湯には今日のマラソンを走った人も居てなんやら連帯感(笑)。
そういえば、石鹸・シャンプーを持っていってなかったけど、
ランナーと思しき人から借りた・・・なんせ連帯感 ← 都合良し(笑)。

そして本日の宿の駅前ビジネスホテルへ・・・なんですが、
お風呂に入って興奮が鎮まったら、却って筋肉痛が意識に上ってきた。
歩くのが随分辛いっす。
ホテルまで徒歩なら約20分・・・。タクシーを呼んでしまいましてん。
タクシーに乗り込むときに思わず「アイタタタ」と呟いたら、
運転手さんが笑いを含んだ声で、「完走できましたか?」

そうそう、連帯感と言えば・・・
夜の街には足が痛そうに歩く人が多数、
チェックインしたホテルのロビーにも足が痛そうに歩く人が多数・・・。
#何かうれしくなってきますな(笑)。

そして、相方と近所の居酒屋に繰り込み、
いよいよ麦汁であります。いやぁ~、麦汁ですよ!奥さん!!!(誰)
↑ここもフォントサイズ特大で
・・・って、いえいえ、フォントサイズはどうでもよろし。
ただ、ジョッキサイズが「大」やったことだけは報告しときまひょ。
#何か文句ある?全然文句ないやろ~?<(* ̄ー ̄)>ふふ…

 「あああああー、美味し!!!」

ひとしきりご飯も済みホテルへ。さらに軽いアテで缶ビールなど。
が、しかし、このあたりで疲れと眠気で堕ちてもうた・・・。
後は朝起きるまで殆ど記憶がないのでございます。いやぁ~。

いささか締まりがないですな・・・へっへっへっ。
どうやって締め括りまひょ???

あ、実は、フルマラソンにもう一度チャレンジします。
今度は、紀州口熊野マラソン
また、ここでネタに出来るよう、精進しますわ。

・・・ってな訳で、福知山マラソンシリーズはおしまい!
お付き合いくださいましてありがとうございます。

#########################


一昨日の走行距離:51.5km
今月の走行距離:180.9km


どすこい、どすこい。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ
2013年05月24日 (金) | Edit |
今日は職場の連中が恒例のジョギングをして、
なおかつ恒例の乾杯をしたんですけど、
私は忙しくて参加できず…仕事終わったんが1時過ぎでしたわ。
キツ~。

いい夫婦 今じゃどうでも  いい夫婦

…あ、いえ、ワシのとこの話とちゃうで。
言っときますけど関係良好でっせ。
#どすこ~い、どすこ~い。

…って思ってるんはワシだけやろか???
#どんま~い、どんま~い。

いえね、サラリーマン川柳の第一位が↑のらしいですな。
それで思い出した日付が「11月22日」
…そうですな、「良い夫婦(=11/22)の日」ですな。

そやけど、私、11月22日て聞いても





福知山マラソンの前日やな

としか思わんようになってきたんですけど、
コレって一体どうなんでしょ?

…ってな訳で、「その7」をどうぞ。
#うん、エエ流れやヽ(´ー`)ノ

##### 2011年福知山マラソン・その7 ###############

30km手前から何となく下半身が重くなってきた。
フルマラソンではよく「30kmの壁」と言われるけど、
私も今からそれを体験するんでっしゃろか?
・・・ってな訳で、「その7」ですわ。

 30~31km ⇒ 9'02" ←給食所でバナナ1本 & ストレッチ(2分程度)
 31~32km ⇒ 6'39"
 32~33km ⇒ 6'42"
 33~34km ⇒ 6'59"
 34~35km ⇒ 6'58"


走る前から予定してた通り、
30km地点を過ぎたら後半に備えて一回ストレッチですわ。
#残り12kmですなぁ
#・・・佐鳴湖2周分か ← ローカル過ぎて分からんやろ(笑)。

この区間、タイム的にはペースをキープしてるんですけど、
足腰の疲労がピークでしてん。
ありがちな膝頭の痛みはないんですけど、
膝裏、裏腿、股関節がくたびれてますわ。
おまけに足裏あたりの骨が痛くなってきて、
「30kmの壁」という言葉を連想してしまいましてん。
#周りも歩く人が増えてきたし・・・。

コースには1kmおきに距離表示があるんですけど、
このあたりから、その1km間が長く感じ始めましたわ。
「さっきの表示から、もう3分は走ったやろ」と時計を見ても、
実際には1分も経ってなかったりでゲンナリ・・・。

いよいよ下半身が自分のモンでないような気がしてきた。
・・・って、いえいえ、
自分のモンではない下半身が勝手に走ってるんやったら、
こんな楽なことはないんですけど、
そやのうて、血の巡りが悪うなってる感じですわ。

 35~36km ⇒ 9'30" ← ←給食所でバナナ1本 & ストレッチ(2分程度)

アカン、もう一回ストレッチや・・・堪忍してやぁ~。
ストレッチ後に楽になるかと思いきや、余計に身体が重く感じる。
それでも我が身に鞭打ち走るしかあるまい・・・ピシー、ピシー。
ここでもバナナですわ。給水所では相変わらずアミノバイタル。
・・・あんまり欲しくもなくなってきたけど、
水分補給という行為をすることで
走るつらさを忘れようとしてましてん。

 36~37km ⇒ 7'06"
 37~38km ⇒ 7'01"
 38~39km ⇒ 6'52"


沿道の応援はどこまでも続きますねん。
このあたりでよく見かけたんは、
地元中高生の部活やら少年野球による団体応援ですわ。
10人くらいで人垣を作って、ランナーとハイタッチしてますわ。
最初は照れくさくて通り過ぎてたんですけど、
「箸が転がっても可笑しい年頃」の
女子ソフトボール部(?)っぽい子達が、
アイドルのコンサートの如く
「わぁぁぁー!きゃぁぁー!!!」と言ってたんで
調子に乗ってハイタッチ。
一回やったら気分が乗ってきて、人垣を見るたびにハイタッチですわ。
いえね、沿道の応援て、かなり重要でっせ・・・。
これが力になって、足を前に進ませますねん。

 39~40km ⇒ 9'11" ストレッチ(2分程度)
 40~41km ⇒ 6'53"


あ、あ、アカン・・・もう一回ストレッチさせてんか・・・。
後は気合いだけで走ろう・・・。
このあたりでは、4歩毎に掛け声というか、
奇声を発しながら走ってましたわ。
歩いてる人を追い抜くとき、奇声に振り向かれてしまうんですけど、
そんなモン気にしてられまへん。
自分を奮い立たせんと、もう走ってられまへん・・・。

 41~42km ⇒ 6'55"
 42~42.195km ⇒ 1'09"


このコースは、最後の1km少々が坂道になってますねん。
#「何のイジメですか」と思いますわ・・・いや、マジで。
会場に近づいてきて、応援の人垣が増えてくるんですけど、
それに応える余裕もなく相変わらず掛け声(奇声)で走りますねん。
#相方もどこかに居るんやろうけど、
#それを確認する程の余裕もありませんわ。

汗なんか涙なんか、どっちの所為かよう分からんけど目が滲む・・・。
でも、ゴールはすぐそこやんか・・・。

・・・・・・そして、号砲がなってから約5時間後、
人垣と歓声の中、ゴールゲートをくぐる。
「あぁ、これでもう歩いてもエエんや・・・」

完走後は、決められた経路にしたがって記録証、
そして「完走者Tシャツ」(誇)を受け取りに行きますねん。
混雑を緩和するために長めに設定されたその道を歩いてるとき、
涙がこぼれてきた。
「やろうと決めて、そこに向かって努力して、いま達成した」
・・・と、そのことに感動してたんかな?
いえいえ、そんな難しいことは考えてなかったな。
ただただ、何か泣けてきた。

感動の(?)フィナーレ。福知山マラソンシリーズの完結
・・・・・・と思いきや、
走り終わった後~打ち上げ(?)のことも書きたくなってきた。
#え~、まだ書くのん?
・・・もうちょっと付き合ってもらいまっせ。へっへっへっ(笑)。

#########################

早く寝んかい!…はいぃ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村




テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ
2013年05月22日 (水) | Edit |
いやぁ、もうあきまへん。今日も走ってる場合ではなかったっす…。
3日も走らんと気持ち悪いですわ。

さて、困ったときの神頼み、ならぬ、「発掘さん頼み」といきまひょか~。
#安易やナァヽ(´ー`)ノ

##### 2011年福知山マラソン・その6 ###############

「その6」て、かの「長澤まさみシリーズ」をとうに超えてますな【注1】
・・・って、無理して前振りせんでもエエんです。
普通に続きを書きなはれ。いやぁ~。

 15~16km ⇒ 6'56"
 16~17km ⇒ 9'13" ←トイレ
 17~18km ⇒ 6'54"
 18~19km ⇒ 7'05"
 19~20km ⇒ 6'41"


ようやく空いてる(並んでるんが2人だけの)トイレを発見。
事後(笑)はスッキリ。随分気楽になって、
コースに戻るとき思わず「よっしゃぁぁ~、きたー!」と叫んでもうた(奇)。
周りの目など気にならん・・・ここは戦場じゃけぇ(誰)。
このあたりでラップタイム(区間タイム)が始めて7分を超えましたな。
#ま、それでエエんです。そのつもりやったんです。

それはそうと、そろそろお腹が空いてきた。
20kmの時点で13時前。寝転がってたってお腹空きますわな。
#もうすぐ給水所ならぬ給食所があるな・・・。

 20~21km ⇒ 7'28" ←給食所でバナナ2本
 21~22km ⇒ 6'44" ←ペースアップ・・・バナナ効果抜群!
 22~23km ⇒ 7'08" ←ペースダウン・・・バナナ効果終了(早)ヽ(´ー`)ノ
 23~24km ⇒ 6'52"
 24~25km ⇒ 7'08"


ちなみに給食所って言うんは、市民マラソンなら大体は設置されるようですな。
福知山では、バナナ、チョコ、飴、他にも何かあったような気がしますわ。
もちろん給水所は相変わらずコンスタントにあって、
いちいちいちいちアミノバイタルを飲みましてん
・・・エエ加減、味に飽きてきたな。

それから、この区間では相方の応援を受けましてん(いやぁ~)。
「応援バス」というのが有料で運行されてまして、
スタートを見送った応援者を乗せて、
途中(21km手前)までランナーの先回りをしますねん。
相方に「どう?」て聞かれたんで「まだ余裕や!」と答えましたわ。
#事実その通りやったからなぁ【注2】

 25~26km ⇒ 6'53"
 26~27km ⇒ 6'56"
 27~28km ⇒ 7'09"
 28~29km ⇒ 7'06"
 29~30km ⇒ 7'07"


25kmのちょい手前で折り返しですわ。となると、相方の応援がまたある筈なんですな。
ところが、応援バスは色んなランナーに対応すべく時間差でゴール地点に戻るんですけど、
私のペースは遅いんでっしゃろな。
応援地点を通る頃には、ゴール地点への終バスが出た後でしたわ。

ま、応援バス以外にも、
実に老若男女、この大会は地元の人の応援がどこまでも続くんですわー。
高校生のブラスバンドもあれば、
家の前に椅子を持ち出してヨボヨボと手を振る御老人もあり、
そうかと思えば、幼な子が必死に声援を送ってたりで、
走りながらも微笑ましい気分になりますな。

しっかし、30kmも近づき、そろそろ下半身がくたびれてきたな。

(続く)
次回、いよいよ感動のフィナーレへ!(笑)【注3】

#########################

【注1】
ところで…
「長澤まさみシリーズ」のことは気にしないでください(苦笑)。
ここには書きませんから。
#ホンマやで、ホンマやで!

【注2】
今思えば、目標7分/kmって、だいぶ「安全運転」やったんでしょうナァ。

【注3】
「感動のフィナーレ」っていう陳腐フレーズ、好きなんでっか?ヽ(´ー`)ノ

明日は走るで。うん、走れるとエエなぁ…。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村




テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ
2013年05月20日 (月) | Edit |
まいどのど。

あきまへん、色々追い込まれてまして、
今日は走る気力が湧きませんでしてん。
新鮮なランネタが無いこんな時は、発掘シリーズに助けてもらいまひょ。

お願い、助けて~!

##### 2011年福知山マラソン・その4 ###############

「その5」でようやく本編に辿りついたようですな
・・・へっへっへっ(笑)。

いよいよスタートの10:30。
MCがスタートを宣言するも、しばらくは人並みが動く気配なし。
#まぁ、大人数ですから
#・・・例えばドームコンサートの終演後を想像したらエエかも。
ただ、華々しく花火が上がったんで、
出発待ちのランナーから拍手が沸き起こり、
お祭り気分が盛り上がりますねん。

スタートラインを超えたんが、号砲後、約4分半でしたかいな。
混雑で思うように走れんのですけどボチボチ行きますかいな。
・・・って、いえ、人がバラけて雰囲気に釣られてペースを上げると
痛い目にあうんは目に見えてるんで、グッと我慢のマイペースですわ。
目標は1km7分を最初から最後までキープ。

では、5kmまでのタイム(手元の時計)をば・・・。

  0~ 1km ⇒ 11'09"(←スタートの4分半が効いてますな)
  1~ 2km ⇒ 6'25"
  2~ 3km ⇒ 6'28"
  3~ 4km ⇒ 6'18"
  4~ 5km ⇒ 6'35"


・・・周りに釣られて飛ばしてる感がありますな。
この区間は、会場の三段池公園から福知山駅前の大通りで、
沿道の応援がもっともにぎやかなとこですわ。
街中お祭り騒ぎ、言う感じで、
「マラソン大会って楽しいわぁ」と思いますわ。

次は、10kmまでのタイム:

  5~ 6km ⇒ 6'31"
  6~ ?km ⇒ 12'18"
  ?~ 8km ⇒ 1'07"(←7km地点で計測を忘れましてん。)
  8~ 9km ⇒ 6'41"
  9~10km ⇒ 6'54"


・・・まだ、若干飛ばしてますかな。
市街地からちょっと郊外へ抜けてきた感じですな。
このあたりからトイレに行きたくなってきましてん。
コース上には1~2キロおき(?)に仮設トイレがあるんですけど、
どこもかなり列をなしてるんで、がまんしてパス。

あ、この大会では、
スタート前の会場トイレは20分くらい待つんが普通ですわ。
例えば、コンサートに行ったら女子の方が混むんですけど、
マラソン大会では逆に男子の方が混みますな。

給水所は6kmと10kmのとこにありましたな。
水とアミノバイタルがあって、アミノ~を選びましたわ
#・・・何となく効きそうですやん。気分の問題かもしれんけど(笑)。

次は、15kmまでのタイム:

 10~11km ⇒ 6'36"
 11~12km ⇒ 6'35"
 12~13km ⇒ 6'47"
 13~14km ⇒ 6'52"
 14~15km ⇒ 6'50"


・・・じりじりとタイムが落ちてきてますなぁ。
このあたりから、ひたすら由良川沿いの府道ですわ。
どこまで行っても応援の声が切れませんな。
この街にとって、よっぽど大きなイベントなんでしょうな。

この時点では、沿線の景色を眺める余裕がまだまだありましたな。
10kmを超えたあたりから、給水所は約2.5kmおきにありましたわ。
いちいちアミノバイタルを飲む。
#しっかし、いよいよトイレに行きたくなってきたけど、
#どこも混んでるなぁ・・・。

(続く)
・・・って、いえね、
無理に引っ張るつもりはなかったんやけど、成り行きで(苦笑)。

#########################

発掘さん、ありがとう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村




テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ
2013年05月18日 (土) | Edit |
いやぁ~。この発掘シリーズなんですけど、
自分で読んでて懐かしくなってきましたわ。
読む人にとっては「知らんがな!」ってやなヽ(´ー`)ノ

あんまりに細切れな気がしたんで、
今日は赤字覚悟の大サービスで、その3・その4を一気に行きまっさ~。

##### 2011年福知山マラソン・その3 ###############

「その2」とくれば、次は「その3」ですなぁ。先は長いな(笑)。
当日の朝起きてからの話をしましょか・・・。

7時から旅館で朝食。炭水化物を摂る最後の機会ですわ。
焼鮭やら卵焼はあるんですけど、関心は炭水化物一点集中。
マラソンの時は、小さな街にいちどきに人が訪れるんで
市内はもちろん近隣地域の旅館も見事に満室になるんですわ。
それくらい大イベントなんで、
旅館の人は宿泊客のニーズ(米)をよう分かってはりますわ。
「お替り入れましょか?」「お願いしまっす!」みたいな予定調和(米)(米)(米)。

朝食が済んだら、やる気まんまんのウェアに着替えですわ。
腰に巻いたポーチに、スタート直前用のバナナを忍ばせて~
・・・って、そうそう、このバナナ、昨日の内に大阪で買って持ってきたんですわ。
いえね、「小さな街にたくさん人が来る」→「スーパーで売れきれ」という事態を想定。
この準備の良さはどない? ワシもなかなかの出来る男ですやん(違)。

で、会場へ向けて出発。かなり寒いですな・・・おまけに霧が濃い。
小高い丘の上にある会場へ向かう道を、
霧の中に消える人の列は、死地に赴く兵士のよう
・・・って言うんは、初マラソンにちょっとビビッてる私の心境を
反映してるんでっしゃろか?

・・・続く。

##### 2011年福知山マラソン・その4 ###############

会場に着いたら先ずは受付。
先日の赤穂に行ったときもそうやったんですけど、
プログラムやらナンバーカード(ゼッケン)に加えて、
地元小学生が書いた応援メッセージカードを受け取りますねん。
色鉛筆を駆使して書いたイラストに、鉛筆書きの直筆メッセージ。
「おっちゃん頑張るでぇー」という気になりますナァ。

続いて荷物置場の体育館へ。
小さいビニールシートが敷ける余地をなんとか見つけて陣取る。
エアサロンパスと、女の人の日焼け止めが匂いますな。
ナンバーカードをウエアに着け、ICチップを靴に括りつけますねん。

そうそう、最近のマラソン大会ではICチップで自動計測しますねんで。
こんな↓感じで、リアルタイムで走者がどこまで走ったかが分かりますねん。
http://update.runnet.jp/2011fukuchiyama/name.html

そうこうしてるうちに開会式ですわ。
別に出んでもエエんですけど、何となく行きましてん。
参加者は大会関係者やらお偉いさんの挨拶を適当に聴いてるんですけど、
一番ウケてたんは、ゲストのワイナイナさん(長距離選手)でしょうな。
#みんなズズズッと前に移動して写メールを撮ってた。
「たくさん練習してる人は速いですから、
 そういう人に追いつこうとしてはいけません。
 自分のペースで走りましょう。」
・・・という趣旨を喋らはったんですけど、
たどたどしい日本語が妙に笑いを誘ってましたな。

そうこうしてるうちに、エアロビクスのインストラクターふうのお兄さん・お姉さんが
ステージに登場して、参加者みんなで準備体操。
参加者は楽しそうに体操してましたわ。

で、いよいよスタートブロックに入りますねん
・・・と言えば簡単に聞こえますねんけど、
一万人近くがどうやって整列するかというと、
申込時の自己申告タイムにもとづいて、10くらいのブロックに分かれますねん。
Aブロックから始まって、私はIブロック。
スタートゲートが随分遠くに見えますなぁ・・・。
人数が多いんで、スタート30分くらい前には並ばせられますねん。
その間、上着も着られない(近くに応援者が入れないんで、
スタート直前に脱いで渡すということも出来ない)んで、
受付でもらった防寒用ゴミ袋(頭・腕のとこに穴が開いてる)を被って、
スタートをじっと待ちますねん。

あー、早よ走らせてくれ~。

(続く)・・・って、引っ張りますナァ(笑)。

#########################


その4まで来てまだ走らんのか…苦笑。

早よ走らんかい!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ